Wurlitzer 200 Noise countermeasures2023.11.19

ウーリッツアーピアノ 200 ノイズ対策 2023.11.19

この記事の事についてのお問い合わせは、
℡ 0120-045-845 
または bzq21747@gmail.comにメールで問い合わせてください。
ピアノ職人・VIRA JAPAN 
(有)ラッキーパイン

こちらのWurlitzer200は2023.08.26にRhodes Piano、MELLOTRON M400と一緒に修理の為に引き取りさせて頂いたものです。

他の楽器の修理が立て込んでいた為に、なかなか手が付けられないでいましたが、今回チェック用のオシロスコープも用意出来たので状態のチェックを行う事にしました。

フタを外して内部を見た時に先ず目に飛び込んで来たのは右側のスピーカーのエッジについたゲル状の物質です。多分これはスピーカーのエッジが劣化したために、ビリ付きを抑える為にゴム質のシーラーを使って補修したものでは無いかと思われます。まあ、このスピーカーは音質を求める物でもないのでこれでも良しと言う事でしょうか。

とにかくスイッチONにして、ノイズの発生状況を確認しました。ウーリッツアーピアノ特有のノイズが乗っています。

今回はノイズの発生原因の特定の為に、オシロスコープを使う事にしました。

色々とパーツを追って行く中で、先ず異常が認められたのが、電源用のコンデンサーでした。こちらは交換されていますが、部品自体の信頼性に問題があると考えられます。この手のパーツはMADE IN CHINAが多く、部品としての信頼性に問題が有る事が多く、パーツの交換には慎重を期さなければなりません。

また、もう一つこちらのコンデンサーもオシロスコープではノイズが乗っていましたので、先ずはこれらのコンデンサーの交換作業から始めます。ただ、信頼性の有るコンデンサー等の部品は入手に手間と時間がかかるので、これからパーツの検索となります。

続く

上部へスクロール